家庭教師のデスクスタイルフィール通信・和歌山県のニュース

こんにちは!
家庭教師のデスクスタイルフィールです。

今回のブログは和歌山県のインフルエンザ予防接種の補助金についてです。


和歌山県印南町は10月1日から、3〜15歳の子どもがインフルエンザの予防接種を受けた際に掛かる費用の一部を補助することを決めたそうです。素晴らしい事ですね。


実はフィールでも1学期にインフルエンザの影響で家庭教師の授業が何度もお休みになりました。
体調が悪くなると体力面は当然そうですが、精神的にもつらくなるので、健康でいたいですよね。

子どもを対象にインフルエンザの予防接種に公費を助成するのは同町では初めての試みだそうです。
町は
「子育て支援の一環として導入したい」
と考えているそうです。
インフルエンザになると家庭の中でもうつってしまいますし、塾で大勢の中で授業を受けたり、学校に通うだけでも多くの人と接する事になるので、子供にとっては特に予防接種は必要になりますよね。
町健康福祉課によると、子どもがインフルエンザの予防接種を受ける際は2回の接種が必要だそうです。

季節性のインフルエンザの場合、1回に掛かる費用は2000〜3000円だそうで、助成は1回につき1000円で、新型インフルエンザについても対象とするそうです。

町内の対象者は約1000人だが、町は7割ほどが公費助成を利用すると見込んでおり、必要になる費用約140万円を本年度の予算に計上しているみたいです。助成の対象となる期間は来年1月末までとの事です。

町保健センターに申請すると日高郡内で使用できる公費助成券が発行されて、医療機関の窓口で助成分の割引が受けられるそうです。また日高郡以外でも申請すれば償還払いが受けられるとの事です。

同課は
「子どもの感染や重症化を予防することで、学校現場でのまん延を防ぎたい」と話されているそうです。

学校や塾などの大勢の子供が集まる場所はどうしてもインフルエンザや風邪などが流行り易くなってしまいますよね。

私達フィールでもスタッフや講師に手洗いうがいなどを徹底する様に呼びかけています。

今後、今回の和歌山県印南町の様な取り組みが増え少しでも感染が防げる様になればと思います。

posted by 家庭教師のフィール at 02:46 | 家庭教師のフィール教育ニュース

大阪府の教育ニュース

野菜や果物の卸売り会社「東果大阪」(大阪市東住吉区)が大阪府内のスーパーや百貨店で「大阪ゆめキッズバナナ」の販売を始めました。

このバナナは1袋が売れると、大阪府教育委員会が昨年12月に設立した「大阪教育ゆめ基金」に1円が寄付される様になっています。

すでに120店舗でこのバナナの販売が始まっていて、今後このバナナを売る店舗数をどんどん増やしていきたいとしています。バナナの売上が教育に関わるなんて驚きですね。

東果大阪の重田秀豪社長は

「(大阪府の)橋下徹知事が『教育日本一、教育日本一』

と仰っていたので、ゆめ基金への寄付にたどり着いたということでした。

一番売れている果物がバナナだったのでバナナを選んだらしいですが、リンゴやミカンにも今後展開していきたいと意気込みを見せられていたそうです。

橋下知事は

「お金をもらった以上は、中学の学力向上をしっかりやるように」と大阪府今日行く委員会にハッパを掛けているみたいです。

確かに、この様なお手伝いをしてもらうからにはこのお金を良い方向に生かしてほしいですね。

私達も大阪家庭教師として頑張っていますが、私達も大阪府の生徒達の将来に少しでも役立てる様に頑張っていきたいと思います。
posted by 家庭教師のフィール at 01:23 | 家庭教師のフィール教育ニュース
<< 2009年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。