大阪府の教育改革ニュース

大阪府教育委員会は、ベテラン教諭によるモデル授業などをネット上で公開する教員向
けの教材「学習指導ツール」を開発しました。
地域社会が子どもの課題に取り組む橋下徹知事の教育改革と並行して、学校の教育現場
からの学力向上を図る試みになる。
学校内で指導のノウハウを共有し、授業の質を高めていく事が狙いである。大阪府教育
委員会は「全国学力テストなどで明らかになった大阪の課題に対し、授業改善で効果を
上げたい」と話しています。

ツールとしては、公立小中学校教員を利用対象として、パスワード入力で閲覧できる仕
組みになっている。
モデル授業のほかに、学習到達度を単元ごとにチェックする「単元別テスト」や宿題な
どを想定した自学自習用教材「ワークブック問題」を盛り込んでいるそうです。

昨年度の全国学力テストで大阪府の成績が低迷したことなどを受けて、開発を進めてい
たそうです。
橋下知事による財政再建のあおりで、予算は要求した4分の1以下の850万円に圧縮
されてしまったが、職員の方たち自らがホームページの作成やビデオ撮影を担って、完
成にまでこぎ着けたそうです。
今秋からワークブック問題を公開して、本格稼働するみたいです。
このうちのモデル授業では、教員の経験が豊かな大阪府教育委員会の指導主事らによる
授業のビデオ5本を公開されます。
また小学4年の国語の授業では、クイズ形式で児童の関心を引き付ける試みを紹介する
とともに、意見を引き出すための「発問書」も添付したそうです。
全国学力テストの結果分析では、課題とされていた「困難な問題に取り組もうとする意
欲」への対処例も示されているそうです。
ビデオは順次増やしていく方針で、大阪府教育委員会は「他校の授業を参考にできない
多忙な教員たちに、バイブルとして活用してほしい」と話されています。
近く始まる放課後学習などとともに、大阪府の学力向上への打開策となることを期待出
来そうです。
posted by 家庭教師のフィール at 22:03 | 家庭教師のフィール教育ニュース
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。