京都府教育ニュース

不登校や引きこもりの経験がある私立京都美山高校通信制(上京区)の生徒らが
上京区の京都こども文化会館であった物産市に参加しました。
全日制がある南丹市美山町産の野菜や牛乳など30種類を「美山ふるさと物産展」
と銘打って販売した。
約10人の生徒が笑顔で買い物客に呼びかけていました。
京都美山高校通信制は生徒約220人の約7割が引きこもりや不登校を経験して
いるという事です。
普段はインターネットによる授業が中心にはなる。
コミュニケーションや協調性を学ぶために、昨年から自由参加の授業として物産
展を始めたそうです。
4回目の今回は美山町の風景を描いた看板を制作しました。
10月ごろからビラ配りや接客練習などを進めてきたということです。
磯田安宏教諭は「地域の人との交流を通して自信や社会性をはぐくんでほしい」
と話されています。
生徒らは商品について丁寧に説明します。
3年生の佐藤正文さんは「最初は声を出すのも怖かったけど、お客様と接するう
ちに楽しくなってきた。野菜を販売する仕事に就ければ」
と笑顔を見せていたそうです。

こういう試みってすごく素敵ですよね
posted by 家庭教師のフィール at 02:48 | 家庭教師のフィール教育ニュース
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。