教育ニュース

全国学力テストの結果低迷を受けて、大阪府教育委員会が計画した小・中学校の
課外授業への講師の派遣が、箕面市の市立西小学校で始まりました。
東京都杉並区立和田中学校の特別授業「夜スペシャル(夜スペ)」をモデルにし
た取り組みです。
他にも2〜3市の教育委員会が導入を検討している様で、実施校は徐々に増えて
いきそうです。

初日は授業をはじめる前にガイダンスが行われました。
「人と比べられることがいやな人は〇、そうでない人は×と書き込もう」

他の質問と合わせて、その答えに応じて、児童達の性格を分類するためにした質
問です。
分けた後、それぞれに適したノートのとり方や勉強方法を記したシートを配った
そうです。とても面白い取り組みですね。
「『勉強しろ』といわれて頑張る子もいれば、やる気をなくす子もいる。(シー
トを持ち帰ることで)保護者の方々にもそれぞれの性格を把握しておいてもらい
たい」との事。
生徒だけでなく、保護者の方にもしっかりアプローチしていく事は本当に大切で
すよね。
西小学校で始まったのは英単語と漢字の2講座です。
森田雅彦校長は「漢字は国語力の基礎。英語の語彙を身に付けておくことは小学
校を卒業してからの勉強にも役立つはず」と期待を語られていました。
漢字の講座の目標は3月末までに約800字を暗記することです。
楽しみですね。
「ただ覚えるだけだとおもしろくないよね? 右脳を使いながら勉強していこう」。
講師の虫明彩子さんは、それぞれの字の成り立ちを部首の意味と合わせて説明さ
れました。児童達は、10個程度の漢字を数分間で覚えて、紙に書き出していく
というトレーニングを繰り返し行いました。

夜スペが有料なのに対して、大阪府の場合は講師への報酬は「まなび舎」の事業
費から支払われる事になっているので、児童生徒側の負担はゼロになる。また年
度内は新たに予算を組むことができないため、業者側が無償で派遣する形になる。

和田中校長時代に夜スペを考案した藤原和博・大阪府特別顧問は
「実際に始めてみれば、教員と講師が意外に役割分担できることが分かるだろう。
和田中の場合、互いに授業の見せ合いをするなど交流も深まった」
と話されています。
posted by 家庭教師のフィール at 21:31 | 家庭教師のフィール教育ニュース
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。