滋賀県の栗東市の職場体験

栗東市立栗東中の2年生10人が職場体験学習の一環として、学校近くの市役所前いちょう通り商店街の空き店舗で、3日間限定の店「2―丸(にのまる)マート」
を開いており、好評みたいです。

栗東中によると、仕入れから販売、決算までをすべて経験する「起業体験」で、滋賀県内でも珍しい取り組みだという事です。
これまでの職場体験学習は、生徒たちが各事業所を訪ねる形で実施してきたが、今年から起業体験も併せて実施し、男子生徒10人が希望したみたいです。

店名は「2年生が一丸となる」との意味を込めて命名。
商店街と打ち合わせて空き店舗を借りて、栗東あられや目川ひょうたんなど名産品を販売する様です。

5日は準備で6-8日午前10時-午後3時に開店。
9日は決算という日程で商売を体験しているみたいです。

生徒たちはお客さんに丁寧に対応して、商品を説明するなど熱心な働きぶりを見せているみたいです。

子供は「店の人の苦労が分かりました。お客さんが喜んでくれると、うれしい」
と話しています。

ここまで本格的にやると楽しそうですね☆

posted by 家庭教師のフィール at 20:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

和歌山県の教育ニュース

和歌山県教育委員会は、来年度高校入試の連携型中高一貫校の特別選抜、4分校
の全国募集の募集人数を発表。

星林高校の特別選抜は、前年度まで各学科募集定員の10%程度としていたのを5
%程度と半減。
全国募集の日高中津は、前年度までの16人程度を12人程度にしたみたいです。

和歌山県教育委員会は
「星林高校は連携先の和歌山大付属中以外からの人気、希望もあり、10%の維持
は困難と判断した。日高中津も和歌山県内からの希望者の状況を考慮した」
としているみたいです。
連携型一貫校は、県立高校と地元中学が人事交流やカリキュラム連携などをする
みたいです。
南部龍神、串本・古座統合校の古座校舎で実施する特別選抜に関しては、募集定
員の50%程度です。大成美里、有田中央清水、南部龍神の3分校は4人程度を全
国募集するみたいです。
posted by 家庭教師のフィール at 19:38 | Comment(3) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

京都府で国語力アップの試み

京都府教育委員会の国語力向上拠点校に指定されている亀岡市の畑野町の畑野小
学校は、授業研究の成果を披露する国語科教育研究発表会を開かれたみたいです。

コミュニケーション能力や読解力の向上を目指す少人数授業などが公開されて、
訪れた教諭たちが効果的な指導の仕方を考えていったみたいです。

児童の読解力や語彙力の低下が指摘されています。
畑野小学校は
「伸ばそう、伝え合う力」
を主題に、読書活動の充実や視覚的に理解を促す授業の在り方などを研究してい
ます。
この日は、1・4・5年生の国語の授業を公開した後、全体会で研究の成果や課題
などを報告されました。
京都市内外から小学校教諭ら約120人が参加されました。
4年生27人の公開授業は、児童を2つのグループに分ける少人数方式で進められ
ました。
児童たちは、文章の段落ごとに「小見出し」を付けたり、「しかし」「でも」な
ど文中のキーワードに注目しながら、前後の段落関係を図にしていっていたみた
いです。
訪れた教諭たちは、児童の発言の様子や板書の仕方などを注意深く見つめ、真剣
な表情でメモを取っていたみたいです。

日本全体で教育に力を入れていきたいですね^^

posted by 家庭教師のフィール at 19:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

和歌山市の教育実習費・和歌山市の家庭教師は家庭教師のフィール

和歌山県の教育実習費〜和歌山市教育委員会から〜

教育実習を受ける大学生側が、慣例で学校側に実習費(謝礼)を支払っていた問
題で、和歌山教育委員会は来年度から経費として一定額を市に納める形に変更す
る方針を固めた。
和歌山市教育委員会によると、これまでは学校ごとの対応で、消耗品の購入に充てたり、受け取らない学校もあったみたいです。今後、必要な条例、要綱の整備などを検討していくみたいです。
 和歌山市立城北小で開いた移動定例教育委員会で報告された。
今年、文部科学省が実費相当をルールに基づき徴収する以外の金銭授受をやめるよう指導したみたいです。
和歌山市市では既に支払われていた実習費は返し、その後は一切受け取らないことにしたみたいです。
和歌山市には和歌山大があり、年間約400人の実習生を受け入れているみたいです。
金額は、1日あたり600円を予定。
 和歌山市教委は
「経費は必要で、大学生側からは支払いたいという意向もある。明確なルールを作りたい」としているみたいです。
確かにお金の事は大切なので、明確にしていきたいですね。
posted by 家庭教師のフィール at 21:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

京都府教育ニュース・家庭教師のフィール

京都府教育委員会は、京都市を除く京都府内251の小学校と特別支援学校で小学4年を対象にした基礎学力診断テストの結果を公表した。
基礎的な学力はおおむねついているが、国語の「書くこと」に課題が残ると分析している。
 教科別正答率は国語が72.3%、算数が75.2%。府が7-8割と設定した正答率の範囲に収まったみたいです。
ただ、領域別では国語の「書くこと」が52.8%と設定正答率65.0%を下回ったみたいです。京都府教育委員会学校教育課は
「事柄ごとに内容を整理し組み立てを考えて文章を書く指導が必要」
としている。
このテストは1991年度から始まり、今年は4月10-19日、4年生約11000人を対象に国語と算数の2教科を実施。
6年生が文部科学省の「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)を受けたため、今年から4年生のみが対象となった。

色々な工夫の中で、京都だけでなく、日本全体的によくなっていくといいですね^^
posted by 家庭教師のフィール at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

奈良県のNPO法人

吉野町小名の山村で、共同生活を通じ、不登校や引きこもりの若者の自立を支援しているNPO法人・関西青少年自立支援センター(NOLA)に、山小屋がお目見え。
 山小屋は地元の間伐材を使って約20平方メートル。
建築は県ニート自立支援受託事業を活用して、地元の製材業者や大工さんらが協力されたみたいです。
11/3に仕上げて披露されるそうです。
 関西青少年自室支援センター(NOLA)は99年、不登校を経験した代表の佐藤透さんが移住して開設。
現在、全国から集まった13才〜25才の青少年10人が入寮。中学、高校に通う人もいるみたいです。
 共同生活で、親と子が離れて関係を見つめ直し、規則正しい生活をする中で寮生同士も互いの距離の取り方を学んでいく事が目的みたいです。
佐藤さんは
「最後まで預けてくれたら100%自立でき、社会に出られる。年齢が低いほどいい」
と話されています。
 スタッフの菊澤史代さんは
「ここはみんな悩みを持っている子ばかり。嬉しいのは、入ってから明るくなったと感じた時。必要な時間は最低1年、長くて3.4年。1番つらいのはもう少しで自立できるのに親が耐えられなくて連れに来た時」
だと話されています。
 定員10人だが申し込みを断ることも多くなっているという。
NOLA(0746・35・7656)
posted by 家庭教師のフィール at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

教育ニュース・奈良県

奈良県私立中学高校連合会は、県内の私立中学、高校、中高一貫教育校が実施する平成20年度入試の募集要項を発表。

高校の総定員は、2校で減少。
前年度に比べて85人減の2875人。
中学は奈良市内で1校が開校予定で、前年度比80人増の1511人となる。

高校は前年と同じで14校が募集。
奈良大付属高校が前年度比40人減
智弁学園高校が45人減
また、育英西は立命館大学への進学を目指す「立命館コース」を新たに設立
中学は9校が募集
学校法人・奈良学園が奈良市中登美ケ丘で奈良学園登美ケ丘の開校を予定で認可を申請中。

男女共学校で前、後期で計120人を募集
大和郡山市の奈良学園は前年度より40人減少。
育英西は中学にも立命館コースを設立。

入試は、中学は来年1/19以降で高校は2/5以降に行われる。

posted by 家庭教師のフィール at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

教育ニュース

京都府ひきこもり相談支援センターを面接相談に訪れた人のうち、約6割が不登校を経験しているみたいです。
卒業や中退後に社会との接点がなくなり30代を迎える人の相談も多くて、教育機関と引きこもり支援の間の連携不足があるみたいです。
京都府は
「学籍がなくなると教育機関は手を出しにくい。民間の力を借りながらより実効性ある施策を行いたい」
と、来年度以降、フリースクールを活用した支援策を検討。

支援センターによると、2005/6の開設以降、今年8月末までに215人が面接相談に訪れたみたいです。
このうちの不登校の経験は、115人が「あり」73人が「なし」27人が不明。

引きこもりが始まった年齢をみると、15才以下が2割で、16〜18才が3割で合わせて5割を占めた。
ただ、19〜24才も28%、30才以上も13%

引きこもりの期間は、1年〜3年未満が19%と最も多い。
3年〜5年未満」と10年以上がいずれも18%
5〜7年未満も17%
長期化している人が多い事も解った。
相談者のうち約160人は家族。本人は55人。

これを受けて京都府は、「青少年社会的自立支援プラン」の改定案作成。
重点施策は、不登校の子を支えるフリースクールに委託。卒業後、引きこもらないよう就労支援や職業訓練などを働き掛ける仕組みづくりを掲げているみたいです。

また、不登校と引きこもりの支援者を引き合わせる合同研修会や、引きこもりから自立した人が体験談を発信する「心の手紙」事業なども盛り込んでいます。
このセンターの曽我和博相談員は
「対人関係が苦手という点では不登校も引きこもりも共通する。相談者の多くは中学、高校、大学というレールから外れたと思い、落ち込み、親子とも地域で孤立しがち。だが長期化しても、第三者とのかかわりをきっかけに社会参加につながった例もある。第三者に相談することが大事だ」
言われている。

電話相談はTEL075(641)2291で受け付けている。

どんどん日本がよくなる為にも頑張って欲しいですね!
posted by 家庭教師のフィール at 23:53 | Comment(8) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

実習

相生産高商業科の3年生が、相生市那波南本町の
「道の駅 あいおい白龍城」
で、農業や水産など全国の実業高校が手がけた名産品の販売実習に取り組んだ。

今回、社会に出る前に商売や事務の体験をしてもらおうと、2004年から毎年教諭らの出資で株式会社を設立し、生徒が商品を販売。

今回も6月ごろからインターネットで商品を探して、仕入れ交渉や値付け、ポスター作りなどの準備をした。

本年度初日、北海道のラーメンや福島のサンマの缶詰、鹿児島の豚みそ、各地のジャムなどご当地の名品が並ぶ。

生徒らは熱心に買い物客に声を掛けた。

販売実習は12月まで毎月1回。
次回は県高校工業教育フェア会場(10月27日・播磨科学公園都市)で、同校機械科による組み立て飛行機など工作品も販売。

色々な経験をつむ事は絶対にいいですよね!
posted by 家庭教師のフィール at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

神戸の大学

ジャズの魅力を気軽に楽しんでもらおうと、甲南大学や神戸大学など、関西の4つの大学ジャズ研究会によるコンサート
「KOBE JAZZ LINK」が、中央区東川崎町一の神戸ハーバーランド情報センターのスペースシアターで開催。

甲南大生らを中心に音楽活動に地域で取り組む大学生グループ
「まことオーケストラ」が主催
ジャズを身近に感じてもらうため、ライブハウスではなく、人通りの多い広場で演奏。

コンサートでは、6つのグループが演奏を披露。

甲南高校ブラスアンサンブル部もゲスト参加した。

甲南大ジャズ研究会の実行委員長は
「ジャズの街・神戸はお客さんの反応がよい。ほかの大学との共演は刺激的で、今後も続けたい」
と。
posted by 家庭教師のフィール at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

教科書問題

第9回全国沖縄県人会交流大阪大会が、大阪市大正区内で開かれ、第二次大戦末期の沖縄戦での集団自決を巡る教科書検定・記述問題について、検定意見の撤回と日本軍の強制性に関する記述回復を求める緊急アピールを拍手で採択。

約200人が集い、仲井真弘多・沖縄県知事も来賓として出席。

教科書問題はこれからどうなるんですかね。

posted by 家庭教師のフィール at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

京都府教育ニュース

中学生が職場体験をする「生き方探求・チャレンジ体験」推進事業の発表会が、中京区の御池中学校であった。

8年生164人の発表と、落語家の林家染弥さんの講演・落語会が行われ、生徒、保護者のほか、受け入れ先の事業所の人たちも熱心に聴き入った。

この事業は2000年から市が実施している。
総合学習の一環で、将来の仕事を考えるキャリア教育を行っているみたいです。

御池中学では5月に5日、飲食店や書店などの幾つかの事業所で生徒が働いたみたいです。

バスケットボール用品店「B.ball」でバスケットシューズの並べ替えと掃除をした子は
「一番大変だったのは掃除。お客さんが気持ちよく入れるように、店内だけでなく店の前の通りも掃除した」
と発表

また、染弥さんは自身が落語家を目指した経緯を話した後、職探し中の若者が動物園で毛皮をかぶってトラを演じる仕事につく、という落語を披露。
「好きなことをやることと、好きなことしかやらないのは違う。好きなことをやるために、いろんな分野を吸収して」
と語りかけた。

本当にそうですね。

posted by 家庭教師のフィール at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

京都市の学校の制度

京都府教育委員会の田原博明教育長は9月定例府議会代表質問で、府内の全小、中学校の学級規模を30人程度で編成できるよう検討する意向を表明。

京都府教育委員会は2008年度から必要な教員数を計画的に確保する。

京都府教育委員会によると、小学1年から中学3年までの9年間を通じて、1学級40人以下の少人数教育を全校で実施しているのは、鳥取と福島両県だけ。

京都府教育委員会は2003年度から段階的に、京都府内の小、中学校で少人数教育を進めている。

現在は小学1、2年で複数教員が授業を行うチームティーチング、小学3年−中学3年まではチームティーチングと習熟度別などの少人数授業、ホームルームの規模を小さくする少人数学級−の3つのパターンから、学校が子どもの実態に応じて選択する方式を採用。

従来の方式をより弾力化するため、30人程度の学級編成が可能な教員数を学校ごとに算定し、その合計数を各市町村教委に配分、各教委が子どもの実態に応じて学校に教員を割り振ることができるよう検討。

京都府教育委員会は2008年度から学年別など段階的に導入したい考えで、各市町村教委が効果的に教員を割り振る判断基準にできる目安を示す意向だ。

田原教育長は答弁で「今まで以上に学校のさまざまな状況に柔軟で効果的、丁寧に対応できる方策となるよう積極的に検討したい」と述べた。

必要な教員数などは試算中だが、少人数教育を実施するため、本年度は計1728人の教員を確保し、77億900万円を充てた。

京都市教育委員会は独自予算で、本年度から中学3年で30人学級を導入している。

posted by 家庭教師のフィール at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

大阪大学と大阪外国語大学統合

10/1に大阪大(大阪府吹田市)と統合する大阪外国語大(同府箕面市)で、大学名のプレートを正門から取り外す作業が行われた。
統合により大阪外大のキャンパスは阪大の「外国語学部」となる。
大阪大学は学生数約25000人になり、学部の定員レベルでは国立大で最大となる。

週明けの後期授業からは、大阪外国語大学生は大阪大学生として校門をくぐる。

中国語専攻の1年生、原田深愛さん(19)は「実家の両親は『大阪大』になることを喜んでいるが、『外国語大学』に誇りを持っていた。みんなで同じ方向を向いて将来を語れる単科大学の良さがなくなってしまうのは寂しい」と話した。

取り外された「大阪外國語大學」のプレートは対になって掲げられていた「Osaka University of Foreign Studies」の看板とともに、大学が記念物として保存していくみたいです。


大阪大学と大阪外国語大学は、国立大学法人化の際に策定した中期計画を受け、平成18年3月に統合推進合意書を締結。
統合にともない、阪大は外国語学部外国語学科と法学部国際公共政策学科、大学院に文化動態論、グローバル人間学、言語社会の3つの専攻を新設する。

大阪外大は大正10年、大阪の実業家、林蝶子女史が「大阪に国際人を育てる学校を」との理念のもと、大阪外国語学校を創設。
昭和24年に国立学校設置法の施行により大阪外国語大学となった。創設時は12だった専攻語が、現在は日本語を含め25を数え、大阪大学に引き継がれる。

デンマーク語やスワヒリ語などの専攻語があるのが特徴で、卒業生には作家の故司馬遼太郎さんがいるほか、語学を生かした職業や、経済界、政界にも多くの人材を輩出している。

作家の陳舜臣さん(83)は昭和18年、インド語科卒。
1年下に司馬さんがおり、クラスは別だがよく話をしたという。
posted by 家庭教師のフィール at 02:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

兵庫県神戸市

神戸大学は、神戸・ポートアイランド2期(神戸市中央区)に次世代スーパーコンピューター(スパコン)が整備されることを受け、計算機シミュレーション教育施設の設置について検討。

スパコンの近隣地に設置、神大に限らず、世界の優秀な人材に門戸を開く方向で調整しており、実現すれば日本初の本格的なスパコン教育施設になる。

スパコンは理化学研究所(理研)が開発・整備。
関係者によると、教育施設では次世代スパコンと同じシステムの一部を準備し、集中講義形式でプログラムの実習をする構想で、対象の大学院生それぞれの研究分野に即して指導。

研究によっては、理研の許可を得て実際にスパコンを使って計算する。
世界最先端のシミュレーション技術が学べるため、国内外の大学院生百人程度を集める案が出ている。

スパコン進出決定直後の今年五月ごろから実務レベルで検討、すでに神戸市と土地取得に向け調整中という。

2008年度にも国に予算要求をする方針といい、今後、施設の規模や場所などについて詰める。スパコンは10年度に稼働を予定している。

また、神大と兵庫県立大学(神戸市)は同日、スパコンを用いたシミュレーション研究で実績がある海洋研究開発機構(神奈川県)との三者で、教育研究に関する包括協定を結んだ、と発表。

兵庫県立大はポートアイランド2期に、計算科学の新しい研究科を計画中。

神戸・ポートアイランド2期では、甲南大学(神戸市)がスパコンを活用した新キャンパス構想を六月に発表している。

どんどん技術が進んでいって欲しいですね!
posted by 家庭教師のフィール at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

兵庫県の甲南大学新学部設置

神戸市は、ポートアイランド2期地区のスポーツ・レクリエーション緑地に、甲南大学(同市東灘区)の新キャンパスの進出が決定したと発表。

約九億六千三百万円で売却し、2009年4月に開校予定。

新キャンパスは、神戸市中央区港島南町五の約1万平方メートルの土地に建設。
ナノテクノロジー(超微細技術)とバイオテクノロジー(生命工学)を融合した「ナノバイオ」を専門的に学べるフロンティアサイエンス学部と同研究科(いずれも仮称)を設立予定。

posted by 家庭教師のフィール at 02:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

兵庫県の神戸大学と神戸薬科大学連携

神戸大(神戸市灘区)と神戸薬科大(同市東灘区)は、教育や研究分野で連携する協定書に調印。

国立の総合大学と私立薬科大学の連携は全国初。

協定によると神大修士課程に2008年度、がん患者のケアなどに関する講義を受講できる「専門薬剤師養成コース」を新設。両大の教員が講義し学生は単位互換できる。また神大付属病院などで薬科大生が初期臨床体験学習を受けられる。

こうやって、どんどん医療が進歩していけばいいですね!!
posted by 家庭教師のフィール at 02:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

京都産業大学も新学部

文部科学省は、来年度に開設予定の学部や学科など私立大や私立短大から受理した届け出を発表。
法政大はほとんどの授業を英語で行うグローバル教養学部を、桜美林大大学院は高齢者を取り巻くさまざまな問題を研究する老年学研究科を設置する。

届け出があったのは学部設置が私立大5校、学科の設置が私立短大1校、学部の学科設置が私立大14校、研究科の設置が私立大大学院3校、研究科の専攻設置が私立大大学院2校。

京都産業大はコンピュータ理工学部コンピュータサイエンス学科45、同ネットワークメディア学科45、同インテリジェントシステム学科45などを増設。
posted by 家庭教師のフィール at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

京都の新しい学校のプロジェクト

京都市京都教育委員会は「東山区小中一貫校創設プロジェクト」を立ち上げを発表。
総務、指導部と市総合教育センターで、教育内容や校舎建設など開校に向けた準備に取り組むみたいです。

このプロジェクトは、指導部学校指導課の小中一貫教育推進室を現在の係相当から課相当に改組して教育内容を検討する。
またセンターに「東山区小中一貫校開設準備室」を新設。
開校に向けた取り組みを進める。
総務部教育環境整備室では学校統合担当課長を小中一貫校の建設準備担当としハード面の強化を図る。

posted by 家庭教師のフィール at 02:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

家庭教師のフィール・教育ニュース

奈良児童虐待防止ネットワーク「きずな」(藤掛永良代表)は、橿原市大久保町の県社会福祉総合センターで児童虐待防止の「第15回事例研究会」を開く。

子どもの虐待行為の防止活動を続けている「ネグレクトを知る会」代表で歯科医師の北村義久さんが、「歯科から子どもたちにかかわる人たちへの提言」と題して研究テーマを発表、出席者らが意見交換する。

北村さんは、児童の歯科治療や、検診を通じて、無関係と思われがちな「虫歯と児童虐待の関連のサインが見い出せる」という事例を話す。

「きずな」は、子どもへの虐待問題に対処するため、2000年6月、桜井市谷の社会福祉法人「飛鳥学院」理事長の河村喜太郎さんらを中心に、県内の保健、医療、福祉、教育、司法など専門機関の約250人が協力して結成した民間支援組織。

最近は、育児問題、家庭教育のあり方、子育て援助、不登校・ひきこもり児童の相談、高齢者虐待問題など、地域社会で幅広い活動を展開しており、新会員を受け付けている。
posted by 家庭教師のフィール at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

家庭教師のフィール・教育ニュース

在日韓国・朝鮮人の子供を対象にした中高一貫のインターナショナルスクール「コリア国際学園(KIS)」が来年4月、大阪府茨木市に開校。

民族教育を中心とした既存の民族学校とは一線を画し、「現役合格」を“看板”に大学進学にも力を入れるのが最大の特徴。

韓国語を中心に日本語、英語で授業を行う。

学習指導要領にとらわれないカリキュラムを組むという。

理事長には政治学者の姜尚中・東大教授が就任する予定で、在日社会の注目を集めている。
posted by 家庭教師のフィール at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

奈良県の食育

葛城市南藤井の私立華表保育園の年長組の園児が、近くの畑でサツマイモ掘りを体験。

園児らの給食に、地元の新鮮な農産物を提供している
「かつらぎ食育研究会」が主催

畑を所有する吉村功さんらの協力で実現。

園児らは小さなスコップを使い、土の中に手を入れ、イモが顔を出すと次々に歓声を上げていた。
園児達は「めちゃでっかいのが取れて、楽しかった」と喜んでいた。


畑で食物を取るのって楽しいですよね。
posted by 家庭教師のフィール at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

奈良県高校受験情報

奈良県教育委員会は、公立高校の来年度募集定員を発表。
県立全日制は8716人で、今年度と同数。
午前、午後、夜間の三部制の大和中央が開校する影響などで、定時制は442人と
今年度比145人増。
通信制は150人、市立全日制は560人で、いずれも今年度と同数。
大和中央は各部75人を募集。
一方で奈良と高田が定時制の募集を停止。
通信制も、奈良の課程を大和中央に移行。
磯城野はヒューマンライフ科以外の各科に2〜4のコースを新設し、コース別に
募集
各校が独自に試験問題を作成したり、学力試験と調査書の配点比率を決定できる
特色選抜は今回で3年目
県立全日制では32校79学科が実施
定員は計3656人
posted by 家庭教師のフィール at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

大阪府受験ニュース

大阪府教育委員会は、19日に入学願書の受け付けを締め切った大阪府立桃谷高校
多部制単位制1、2、3部の志願状況を発表

募集人員は3部とも若干名
志願者数は
1部36人▽2部6人▽3部9人

21日に試験があり、26日に合格者が発表
posted by 家庭教師のフィール at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

家庭教師のフィール・教育ニュース・伊川谷北高校優勝

伊川谷北高校が、東京都であった「第五十四回NHK杯全国高校放送コンテスト」
の創作ラジオドラマ部門で初優勝。
過去2年、全国大会に進んだが優勝には届かなかった。編集などを担当した部長
の津田諒子さんは「優勝が決まったときはうれしくて声を上げて泣きました」

優勝作品は約8分間のドラマ「DE☆BE☆SO(でべそ)」
出品数が一番多い部門で、全国から631本が参加。予選を勝ち抜いた97本で競っ
た。
部員らは、面白く、社会性のある作品にしようと、脚本を何度も変更。

あらすじは「美しい言葉教育計画」のモデル校に選ばれた学校が舞台。
校長は美しい言葉遣いを強制し、汚い言葉に反応するセンサーを学校に設置。
生徒らは違反を繰り返すと、学校を辞めさせられる。
反発した生徒たちは知恵を絞り、センサーが反応する言葉を校長に言わせようと
する。
安倍首相がお題目のように唱える「美しい国づくり」や教育基本法改正への風刺
を込めた。

部員12人は意見を出し合いながら作品を制作。やりとりのほとんどはアドリブ。
収録のために締め切った部室の気温はどんどん上昇し、気分が高揚。その中で絶
妙の掛け合いが生まれたという。

主人公を演じた副部長の森田勇輝君は
「三年間やってきて、全国大会決勝の重みも分かっていた。
ライバル校に勝つことを目標にやってきたけど、優勝は信じられなかった」と話す。


全国で優勝となると本当にすごいですね☆

posted by 家庭教師のフィール at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。