家庭教師のフィール大阪府入試情報


普通科の競争率1.21倍


府公立中学校長会は、今春卒業する中学生の第1回進路希望調査結果(昨年12月18日のもの)を発表。


公立高校の全日制普通科
希望者は38625人
競争率は1.21倍


という感じで前年同期の1.18倍をやや上回った結果になりました



卒業見込み者数は前年比269人増の71439人


そのうちの、私立や国立を含む全日制の希望者は66457人で、93.03%の生徒が希望しています。

ちなみに、去年のこの時期は92.90%なので、やはり増えています。



全日制希望者のうち、公立希望者が5万3960人で、81.20%で、これも、前年は
79.91%だったので増えています。


5年ぶりの80%らしいです。



私立専願の希望者は10517人で15.82%去年のこの時期は16.96で減少しています。


今年は、今のところ公立人気の傾向が表れたみたいです。



一方、普通科総合選択制・単位制を除く全日制普通科希望者32562人を学区別にみると、新2学区(旧3、4学区)と新3学区(旧5〜7学区)の希望者が前年より増えているみたいです。



ちなみに公立希望者のほかの学科の競争率は、

総合学科1.35倍(去年1.40倍)
商業科1.17倍(去年1.22倍)
工業科1.01倍(去年1.05倍

という形で、去年よりも下がった。


一方理数科は2.87倍(去年2.80倍)と増える形になりました。



posted by 家庭教師のフィール at 00:45 | Comment(5) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

家庭教師のフィール教育ニュース

読売新聞社の「読書」に関する全国世論調査で、この1か月間に1冊も本を読まなかった人は49%もいたみたいです。



前年調査より3ポイント減ったものの、過去10年、50%前後をいったりきたりしているみたいです。


年代別では、20歳代で「読まなかった」が前年より7ポイント増の48%となり、この質問を開始した1980年以降では今回が最多だったみたいです。


若者の「本離れ」が浮き彫りとなった一方、50歳代、60歳代で「読まなかった」は、それぞれ49%(前年比6ポイント減)、51%(同10ポイント減)に減少したみたいです



本離れの歯止め策について聞いたところ、「家庭で読書の習慣を身につけさせる」51%、「学校で読書教育に力を入れる」47%――などが高かったらしいです。


僕らも本離れ防止?のため読書推進ブログ作ってるんで、良かったらみて下さい^^笑



posted by 家庭教師のフィール at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

家庭教師のフィール先生日記過去ログより

日本中学体育連盟によると、95年の時に、全国で約13万4000あった部活動の数が1万3000も減ったみたいです。

正直驚きですよね!?

僕が教えている子も昔塾の日が部活を早上がりしないといけないとの事で、家庭教師をやる事になりました。

家庭教師の日は早く帰ろうか?と言っていましたが、それは絶対やめて欲しいです…

僕も部活を頑張っていたので家庭教師の教え子にも、絶対にやって欲しいんですよね。


ただ、まぁ先生や生徒の数が減少している以上しょうがないという気もしますが…
僕の時は37か、39人の5クラスだったんですが、今は30人クラスの4クラスとか…
昔教えていた子の学校は40人クラスの2クラスとか…

これからもし更に子どもの数が減ってしまうと何か寂しいですねぇ…

posted by 家庭教師のフィール at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

家庭教師のフィール教育ニュース


来春、大阪府では34年ぶりに公立高校普通科の通学区域が再編されます!


9学区制から4学区制になった結果、最も大きな学区では普通科34校からの選択が可能になります!



旧学区の「トップ校」や都心部の高校で難易度の上昇が予想されているみたいです。



ある調査によると、特に新3学区内の動きが激しく、旧6学区の中学生の約3割が従来の学区の枠を越えて希望しているみたいです。



また、五木書房のテスト結果によると、大学進学実績のある旧学区の「トップ校」で、平均偏差値の上昇が予想されるほか、鉄道の主要路線沿いも注目されるとみていて、特に、大阪市営地下鉄谷町線沿いの天王寺、大手前、高津、夕陽丘、清水谷の各高校の人気が高まりそうみたいです。


大きなテストだけに、信頼性はありますよね……



学区再編の動きは全国に広がっており、背景には「公立復権」の狙いがあるみたいです。


東京都とともに03年度から学区をなくした和歌山県では、初年度の入試で出願が集中するとみられていた和歌山市内の伝統校が定員割れして、逆に周辺の高校で倍率が上昇する事態が起きたみたいです。


ですので、結果はなってみないといけませんね……


ちなみに、和歌山県は翌年度からは学区撤廃前の水準に戻ったという。



近畿では、滋賀や奈良の県立高校で06年度入試から学区を撤廃。
京都や兵庫でも学区の枠組みを含めた入試制度の見直しを進めている。



今回の再編でどう転ぶか解りませんが、良かったら参考にひとつにして下さい。
posted by 家庭教師のフィール at 13:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

家庭教師の先生日記より


相次ぐ学力低下の批判を受けて始まった


「学習指導要領の見直し」


をめぐって、週5日制を維持し、尚且つ総授業時数を増やすために、政府が夏休みの短縮や土曜補習を進める方向で検討しているみたいです。


「ゆとり教育」が導入される前の平成元年改定の教育課程水準に戻して、基礎学力を回復させるという目的の様です。


確かに、最近学力低下のニュースは多いですもんね。


生徒達的には、休みが減って嫌でしょうけど…笑




保護者や教育関係者、与党の中には「土曜は子供がダラダラしているだけ」などと週6日制の復活を求める声もあるみたいが、週5日制は社会全体として定着させて、諸外国の教育制度上でも標準的となっているみたいなので、制度としては維持する方針みたいです。


僕個人的な意見としては、夏休みが減る方が嫌な気もしますけど…



ただ、学力低下批判が相次いでいることを重視して、次期学習指導要領では総授業時数の大枠を増加。


その方策については、夏休みの短縮や土曜日の補習のほか、平日の放課後の補習、一日あたりの授業時間の増加などによって対応させる考えみたいで
す。


勉強の時間が増えて先生達はやりやすいのかな?




夏休み短縮については
(1)学校教育法の施行令では長期休日の裁量を教育委員会に委ねている
(2)気候・風土の違いから長期休暇の運用実態は地域格差がある


といった事情を踏まえて、文部省の幹部が「全国一律の実施は難しい」
と判断したみたいです。


確かに、それはありますよね。



また、教科横断的な学習としながらも授業内容を各校の判断に任せている


「総合学習」


は、国語や数学などの基礎教科の授業時間数を圧迫し、「学力低下の根源」との批判が強いことから削減されるみたいです。
使い方が難しそうですしね…



基礎教科の充実や小学校低学年での授業時数増加を求める審議経過報告を昨年2月にまとめていたが、総授業時数の増加にまでは踏み込んでいなかったみたいです。


安倍首相の所信表明演説も「必要な授業時数を十分に確保する」とするのにとどめていた。


現在、教育再生会議で議論が進められているが、1月にまとめる第1次報告にも盛り込み、ゆとり教育の転換を促す見通しみたいです。


同月に委員の任期が満了する中央教育審議会では、委員を入れ替えた新体制のもとで審議を再開し、具体的な検討作業を進めるみたいです。


教育もどんどん制度が変わっていきますね。


日本の経済や政治も教育がよくなってよりよくなるといいですね。


一番日本にとっていい方向に進めていって欲しいです。

posted by 家庭教師のフィール at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース

家庭教師のフィール教育ニュース初投稿!!

家庭教師のフィールの先生日記や、家庭教師のフィールのHPにアップしている、教育ニュースを紹介するブログです。

是非ご覧になってください。
posted by 家庭教師のフィール at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師のフィール教育ニュース
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。